【離婚調停での証拠能力】浮気の慰謝料・離婚裁判には質の高い証拠能力が全て:探偵事務所比較を慎重に

証拠能力

証拠能力とは

証拠能力として有効になっていくポイントは、調査をする際に法廷へ提出される資格があるかどうかが基準になります。

また証拠能力とは事実認定の資料として用いる有用性を表し、自由に能力の差を判断することはできないのが一般的です。

証明するだけの実力がどれだけ含まれているかなど、いろいろなケースを見ていく必要があるため、探偵事務所などプロの目が大事になっていきます。

さらに証拠となるモノの選び方に関しては、証明できるだけの力が備わっているのかという点が最優先されるので、探偵事務所ではこれまで以上に慎重に扱っていく姿勢を見せています。

探偵 証拠能力

民間が行う調査によって入手する場合は、選び方の部分がよく問われるため、訴訟などで証拠物として利用されることを前提にして、収集作業を行う事が肝心です。

全ての過程において、適正に扱っていくことがこういった場面では重要な観点となっていきます。

確かなる証拠を集めることで、明るい兆しが生まれるのです。

浮気の証拠能力とは?

配偶者が浮気をしているようだと感じたら、まずは証拠集めをしましょう。

浮気の事実がはっきりとしていれば、離婚の際の交渉を有利に進めることができます。

一般的にビデオやカメラによって撮影されるものが証拠能力が高いと言われています。

浮気相手と一緒にラブホテルに入る様子が撮影されれば言い逃れはできません。

証拠能力 離婚

しかし、そのような写真を撮るのは素人には難しいです。もし失敗すれば、さらに巧妙に浮気の証拠を隠されてしまうことがあります。

そのようなときは探偵事務所に依頼しましょう。探偵事務所はどこでもいいわけではありません。

その選び方は、契約する前に根拠がある金額を提示してくれるところ、調査員が親身になって話を聞いてくれるところがいいでしょう。

広告などで大々的に宣伝しているところがいいとは限りません。

そのようなところは宣伝のための費用が料金に上積みされています。

選び方で失敗せずに優秀な探偵事務所に依頼し、証拠能力がある映像などを入手しましょう。

探偵事務所で得た情報の裁判での証拠能力

探偵事務所の正しい選び方は、裁判などで証拠能力として認められる報告書を作成してくれるかどうかを判断することです。

離婚調停や慰謝料を請求する裁判では、心証やあいまいな証拠だけでは有利に事を進めることができません。

また、探偵事務所は依頼された案件に関して報告書を描くのが一般的ですが、その報告書も証拠能力が認められるものと認められないものがあります。

調査結果に関して簡単な箇条書きになっているものは証拠として認められることが少ないですから、日付と日時、写真をきっちり抑えた報告書が必要になります。

証拠能力 裁判

調査対象者にばれないように追跡するためには、探偵の高いスキルが必要となりますし、証拠写真を抑えるためには普通のデジカメやビデオカメラではなく、高性能の調査機器が必要になります。

調査機器が充実している探偵事務所は、備品にも力を入れえ真剣に探偵業を営もうという努力が見えます。

そのため、探偵事務所の選び方として、調査報告書のサンプルを見せてもらい判断するといいでしょう。

探偵比較

▲ページトップに戻る