【浮気調査の前に自分でできる事前調査】自分で浮気の証拠収集する前にパートナーの行動をしっかりチェック

自分でできる浮気調査

自分で浮気の証拠収集をすることは可能?

不倫

配偶者が浮気をしているのではないかと疑った際は、非常に気になって夜も眠れないものです。

従ってなるべく早く証拠を掴んで場合によっては興信所や探偵社に写真や画像つきの証拠を掴んでもらうように依頼したいものです。

しかしその前に、自分なりに浮気調査をして、高い確率で配偶者が浮気をしているという情報の収集をしておくことが大切です。

これをしない状態で興新所などに相談に行っても、依頼の際に渡せるのは配偶者の顔写真くらいしかありません。

自分で浮気調査

依頼された方も全く白紙の状態から調査を始めると、証拠を掴むまでにかなり時間を要してしまいます。

従って、「急に帰宅の遅い日が増えた」とか、「関東方面への出張の頻度が1年前に比べて2倍に増えた」、「休みの日に携帯でメールを頻繁に見ている」などの情報を収集しておきたいものです。

このような情報があればそれが糸口になって興信所などでも浮気調査なしやすいと言えます。

ただし、素人が慣れない尾行などまでして配偶者の行動を掴もうとするのは避けた方が賢明です。

相手に見つかってしまえばそれで終わりです。相手はますます警戒するようになり、それによって調査が難しくなってしまうこともあるので注意が必要です。

自分でできる!浮気調査の豆知識

自分で浮気調査をおこなうにあたって、バレないようにするための前提は、その兆候をしっかりと見抜くことにあります。
何となく怪しいという不明確な状態ですと、調査も深く入り込むことができません。相手が、これまでの日常のパターンとは異なる行動や仕草を示すようであれば、そこからが浮気調査の出発点になります。

相手が普段と異なる行動をおこしていても、調査する側としては、生活パターンを変えることがあってはなりません。

相手側に不審に思わせないことが、浮気調査をおこなっていることに対してバレない秘訣になります。

浮気調査 知識

相手と接しているあいだは、普段と変わらぬ振る舞いを貫きます。

いざ、相手と離れている時間には、相手の所持品を可能な限り確認します。携帯電話やパソコンなどの通信機器に形跡がある場合が増えています。
その場合も、物色されたことがわからないように、現状に戻すことが大切です。

身辺調査でも確認が取れない場合は、尾行や待ち伏せという行動をとらざるを得ません。変装ともなりますと、素人ではなかなかうまくいくものではありませんので、相手と顔見知りではない知人などを使って、赤の他人として接触してもらい、情報収集してもらうことになります。

浮気を疑った時に真っ先にやること

浮気を疑った時には、真っ先にパートナーの行動を把握するとよいでしょう。

パートナーから浮気されていると思い始めたときには、すぐにでも浮気調査を実行しようとしますが、パートナーの行動について把握していないまま調査を行ったとしても、よい結果を期待できなくなってくるのです。

事前に行動を把握しておくことにより、行きそうな場所や怪しい交友関係に目星を付けられるようになってきます。

この情報をメモに取っておくことにより、浮気調査を行った時に十分な調査を得られやすくなってくるのです。

浮気調査 携帯

さらに、浮気の疑いを感じたときには、確かな証拠を探るための調査も行っておくとよいでしょう。

さりげなくバックをチェックしてみたり、携帯の内容を確認してみることにより、浮気の有無について簡単に把握出来るようになるのです。

怪しいホテルの領収証が出てきたり、異性とのやり取りを発見した場合には、浮気の疑いが濃厚として、積極的な調査を実行しやすい状態になってきます。

確かな証拠を掴んでおくことにより、相手に対して迫ることが出来る有利な材料を手に入れることが出来、その後の話し合いを行う際にも、浮気を認めさせるための武器となってくるでしょう。

探偵比較

自分で出来る浮気調査あるある
A
浮気の偽装予定を見抜く方法
浮気調査の基本として、偽装予定を見抜いていくことにより、確かな証拠をとらえることが可能になってきます。
浮気をしている側からすると、浮気するために嘘をついてばれないような偽装工作も積極的に行っているため、浮気調査を行うためには嘘を見抜くことも重要になるのです。
B
自分で浮気調査をする際に必要な予算
浮気が発覚した時にまず何をしていくのかという部分は、非常に重要な意味合いを持っています。不安なまま生活を過ごしていくのは最終的には気まずい雰囲気を作っていくことにもつながるため、ハッキリとかたちに残すようにする部分も重要です。
C
自分で浮気調査をする時の注意点
夫婦の問題でもトラブルになりやすい浮気は、最終的には探偵というプロの力を借りて解決するケースも有り得ます。綿密な計画や確かなる情報収集力で解決へと導く手法は、まさにプロがなせる業であります。
D
浮気調査中にしてはいけないこと
浮気調査を行っている時には、パートナーに詰め寄らないように気を付けて行動してみるとよいでしょう。
浮気を疑うような状況に追い込まれることにより、パートナーの行動がいちいち気になってくるようになります。
E
自分で浮気調査をするときに絶対に必要なもの
GPSを装着するものを近くに置けば、位置情報が容易に察知されます。
浮気調査をしていく際、こういったものが命取りになることを当事者はよく知っているので、具体的に証拠を見つけていくことは難しいのが現状です。
F
自分で尾行調査をする時に知っておきたい3つのこと
まずはどのように尾行するのか絞りましょう。歩行、自転車、電車、車、等といった尾行調査があります。
自分で尾行調査するにあたっては少しテクニックが必要になってきます。
G浮気の証拠が残りやすい場所
パートナーの浮気を発見したときは、「裏切られた」という気持ちを持つ方も多いでしょうが、大人としてのけじめをつけるためも、真相をはっきりとさせておく必要があります。不自然な言動や外出の頻度が増えたというような事例に当てはまるならば、浮気を疑うことも最近は勧めています。
H
自分で浮気調査をする前に準備すること
自分で浮気調査を依頼する前に準備することは、調査に必要な証拠につながるモノです。一例として本人の顔写真や疑いのある行動をメモしたスケジュール帳やメモが挙げられ、一から調査するときよりもスムーズな展開で終えることも可能です。
I
パートナーのSNSからわかる浮気の兆候
SNS全盛期になった今、浮気調査の依頼もスマホで行えるような状況となっています。自分でできる範囲がどういうものであるのかを慎重に確認することで、よりよい調査をしていくことが見込めます。またプロのアドバイスを必要とするならば、探偵業などに依頼することが賢明であり、業界でも名の知れているところであれば懇切丁寧な対応で任務を遂行してくれます。
J
携帯電話を使った浮気調査方法
浮気や不倫はこれまで築き上げてきたパートナーとの関係に大きく関係していくものであり、悩んでいる方も実際のところは多いのです。証拠を隠す方法も高度化しており、パソコンなどパスワードが必須なものによく残されていることも有り得ます。
K
自分で浮気調査する時に役立つアプリとは?
パートナーの態度がどこかよそよそしかったり、逆に気持ち悪いくらい優しかったりと、いつもと何か違うと感じた時は、浮気をしている可能性もあります。浮気調査は興信所や探偵事務所などに依頼して行うことができますが、プロに頼むと何十万単位でお金がかかります。
L
インターネットの履歴からわかる浮気
旦那さんや奥さんに浮気の疑いを持った際、自宅にインターネットがある場合は、サイトにアクセスした履歴を確認してみると証拠が掴める場合があります。今の時代は浮気をする手段は昔に比べて格段に多くなっています。
M
浮気の証拠として効果的な証拠写真の撮り方
探偵に依頼するときは、証拠写真をきちんと撮影していく方法をまずは伺うことから始まります。特に浮気調査の話題になれば、完遂させるまで何かと時間がかかっていくため、こちらでまずは資料を集めておくことも重要です。
N
パートナーの日々の発言から浮気を読み取る!日記をつける浮気調査方法
日記風に楽しみながら投稿するブログには、日々の生活の一部が記憶されることもあり、そこにパートナーの言動が含まれていることも十分有り得ます。中でも浮気に関する内容は夫婦にとっては非常に大事な事柄を含んでおり、離婚へ発展するケースもあるわけです。
O
クレジットカードの明細やレシートから浮気の証拠をつかむ方法
浮気調査を遂行していて証拠となるモノを見つけたという方の多くは、クレジットカードの消費状況や明細書の中身から確信を持つケースもあるのです。不倫をしている事実を掴むには、それ相当の労力を使うために、一人ではどうしても限界があるという認識も持ち合わせておくことが前提です。
P
カーナビの履歴から浮気を見破る方法
夫が浮気をしている様相を感じたならば、自動車に搭載されているカーナビの目的地履歴をチェックしてみるとよいです。履歴は消し忘れてしまうことが十分あり得るため、浮気が発覚しやすい条件のひとつに該当しています。
浮気の証拠収集をした後にすること

浮気
浮気の証拠収集をした後には、今後どうするのか冷静になって考える時間を持つようにしましょう。

浮気調査によって、浮気をされていることが分かった場合には、今後も一緒に生きていくの、別々の道を歩んでいくことにするのか決めていかないといけません。

この点を決めないと、これからの対処方法も違ってくることになるのです。

浮気されたことが分かった時には、相手に対して怒りや嫉妬心も手伝って、別れを選んでしまいがちですが、それで本当に納得できるのかある程度の時間をかけて考えてみるとよいでしょう。

浮気されていてもやり直すことを選択した場合には、浮気調査で得た証拠を突きつけ、相手に反省を促していく必要があります。

十分に考えたうえで、別々の道を歩むことを決めた場合については、証拠収集の際に得ることが出来た写真やビデオ、領収書などを持ったうえで、弁護士に相談を行ってみるとよいでしょう。

浮気による離婚や婚約破棄の場合には、相手に慰謝料を請求できるようになってきます。

パートナーや浮気相手に正当な償いをさせることが出来ますし、子供がいる場合には、養育費も請求できるようになるのです。

これからの生活のためにも、正当な手続きを取ってみるとよいでしょう。

▲ページトップに戻る