浮気の証拠として効果的な証拠写真の撮り方

浮気調査 証拠写真の撮り方

浮気調査 証拠写真の撮り方探偵に依頼するときは、証拠写真をきちんと撮影していく方法をまずは伺うことから始まります。
特に浮気調査の話題になれば、完遂させるまで何かと時間がかかっていくため、こちらでまずは資料を集めておくことも重要です。

証拠写真の撮り方については、はっきりと顔がわかるような状態にするのが条件となり、それを持って次なるステージへ進むことも可能になるのです。

探偵社によって調査の方法は変わっていきますが、そのほとんどは定期的に中間報告のようなものをするケースが多くなっています。
報告書にあたる資料をメールにする場合もあり、リーズナブルなかたちで済ませたいという場合に利用されているのです。

証拠写真の撮り方

さらに写真の撮り方がよくてスピード解決に結びついた事例もあることから、証拠になる資料というものは非常に重要になっているということがわかります。

以上の事柄を冷静に振り返っていけば、浮気調査の根本的な問題や相手の本性がどういうものかを容易に把握していくことが可能になります。

またデリケートな部分も多い夫婦の問題ですが、きちんとけじめをつけてその後の展開に有利になっていくように方針をとることが実際のところは重要な側面にもなるのです。

浮気調査体験談:写真の善し悪し

浮気調査を依頼するとき写真の精度だけは強く要求しました

私の夫は浮気癖があるため、今までに何度も女性問題で泣かされてきました。最後に浮気をしたときに次に浮気をしたら絶対に離婚すると話をしていました。しかし最近になって再び女性の影がちらつくようになったので、とうとう堪忍袋のが切れて離婚を視野に入れるようになりした。夫は口がうまいのでいつも丸め込まれてしまいますが、今度こそは言い逃れを絶対に許さないと思ったので探偵員に浮気調査の依頼をすることにしました。依頼をした時に浮気の証拠がはっきりわかるように、写真の精度は高いものにしてくださいとお願いすることにしました。しっかり希望を聞き入れてくれたので、夜でも目鼻立ちがはっきり分かるほどの精度の高い写真を撮影してくれて、今度こそは言い逃れをさせないにすることができました。
リンク:探偵事務所比較はこのページに掲載中

決定的な証拠となり裁判で有利に運びました

探偵事務所の調査報告と共に写真が決定的な証拠となり裁判で有利に運びました
半年前から夫の態度に不信感を抱くようになりました。もしかしたら浮気をしているのではないかと不安になったので、探偵事務所に浮気調査の依頼をすることにしました。 3ヶ月ほど夫を尾行するなどの徹底的な浮気調査をしてもらったところ、夫の浮気は確定的にありました。許せなかったので離婚をすることにしましたが、裏切られたことが悔しかったので慰謝料を請求することにしました。夫が協議離婚に応じてくれなかったので裁判で決着をつけることになりましたが、夫はずっと否定をしてしていました。しかし裁判に提出した浮気を示す証拠写真を提出したことによって、裁判で私の言い分が認められ、離婚することができ慰謝料等も希望の額を受け取れるようになりました。

証拠写真の質が協議離婚を難航させました

浮気の事実を探偵事務所から伝えてもらいましたが証拠の写真がなく夫との協議離婚が難航しました
夫の帰宅が遅くなったので浮気をしているのはではないかと考えるようになりました。夫への愛情はなくなっていたので、離婚する選択肢も考えていました。ただ結婚するのであれば慰謝料や財産分与のことを有利に進めたいと考えていたので浮気の証拠をつかむために探偵事務所に依頼しました。3ヶ月の浮気調査の結果、夫が浮気をしているのは間違いないと教えてもらいました。しかし浮気を示す証拠写真がなかったので、夫は否定することになってしまい、協議離婚が難航してしまいました。結果的に離婚をすることができましたが、慰謝料などは自分が満足するものをもらうことができなかったので、浮気の証拠写真があればよかったのにと今でも悔しい思いもあります。

▲ページトップに戻る