浮気調査をする際に必要な予算・無料で相談までの道のり

自分で浮気調査 予算

自分で浮気調査 予算浮気が発覚した時にまず何をしていくのかという部分は、非常に重要な意味合いを持っています。

不安なまま生活を過ごしていくのは最終的には気まずい雰囲気を作っていくことにもつながるため、ハッキリとかたちに残すようにする部分も重要です。

また浮気調査の動向を知れば、自分で行うよりもスムーズに事を進めていける上、満足のいく結果を導き出すことにもつなげていけるようになるのです。

ここで探偵社が行っている浮気調査について見ていきますが、具体的な予算は相談料と調査費用で分かれています。

真実を知ることが最終目標にもなるため、どれくらいの料金を出せるかによっても違いが発生していくのです。

探偵は庶民にとっては依頼料金が高いというイメージもありますが、実態を解決していくにはこういった選択も必要になります。

また初めの段階は無料で相談を請け負うような場合もあるので、予算のことについても一度問い合わせをしていくことが理想的です。

複数の探偵社に問い合わせをして、一番よい結果を導き出すことが重要にもなっていきます。

浮気調査 見積もり例
>>見積もりの詳細・探偵比較はこちらから

さらに浮気調査の解決例は今の時代水準が高くなっていくため、いろいろな場合を確認するような体制が必要にもなるわけです。

浮気調査体験談:自分でやってみて思ったこと

自分で浮気調査を行ったら、べらぼうにお金がかかりました

自分で浮気調査を行ったら、10日間、移動費3万円、食費・滞在費で8万かかり、結果、浮気の証拠を掴めず無駄骨でした
夫が浮気をしている感じを受けたので、出張で11日間家を離れる時に、場所や宿泊先を前もって会社に教えてもらい、自分で夫の浮気調査をした事があります。大部分の行動が解っていたので、1日遅れで夫の出張先に行きました。帽子やメガネ、髪型を変えて、同じホテルに泊まり、怪しい行動が無いか調べて見たのです。交通の移動費が往復で約3万円掛かり、滞在費や食費などで8万円かかり、合計11万円を少し超す出費となってしまったのです。自分なりに追いかけてみたのですが、仕事場へ直行して、帰りは、外食のパターンの繰り返しで、浮気の証拠を掴む事は出来ず、無駄骨となってしまったのです。最初から浮気などはしておらず、自分の勘違いだったのかもしないですが、行動が怪しいのは確かなのです。

自分で夫の尾行を行いました、3日間で断念しました

自分で夫の尾行を行いました、冬の寒い中、気づかれぬように行い、3日間なにも得られず、断念しました
いつも定時で帰宅していた夫が、半年前から帰宅がおそくなったので夫の浮気を疑うようになりました。結婚してから20年ほどがたち、家事や子育てに全く協力してくれない夫には愛想がつきていました。もし夫の浮気が真実であれば、それを理由にして自分に有利に離婚したいと考えました。しかしそのためには夫の浮気を示す証拠が必要だと思ったので、自分で証拠をえるために会社帰りの夫を尾行することにしました。季節は真冬だったので雪が降る寒い中を、寒さに耐えながらひたすら夫の尾行しました。手と足先が凍傷のような状態になるほど粘ったのに、結局は三日間の尾行では夫の浮気を示す証拠を見つけることができなかったので、自分で行う調査は諦めました。

浮気調査はやっぱりプロに
探偵事務所比較はこのページに掲載中になります

浮気調査 費用

▲ページトップに戻る